墓地霊園散骨ガイド
  1. ホーム
  2. 墓地・霊園散骨
  3. オーナー

出願中特許の実施利用許諾について

墓地や霊園内に散骨施設を設置してくれるオーナー様を募集しております

霊園散骨の運用例

合祀墓を活用して・・・
ほんの少し改園するだけで、都立小平霊園の樹林墓地のような合祀墓ができます。埋葬の為に土を掘る必要がないので来園者自ら散骨することも可能です。

一族専用の個別墓として・・・
霊園散骨は、一族専用の永代供養墓としても活用できます。粉骨すると体積は1/3以下になりますので縦横30cmのスペースで埋葬することができるようになります。埋葬できる容量は深さに比例しますが、成人4名分であれば約80cmもあれば十分埋葬可能です。

承継者が途絶えた場合も安心
粉骨して埋葬するため、承継者が途絶えてしまった場合でも遺骨は土に還るので遺骨残存、墓石の処分などの心配も無くなります。

粉骨設備を用意する必要はありません
基本的に粉骨はお客様に済ませてきてもらうので、霊園側が設備を整える必要はありません。まごころ粉骨をはじめとする多くの粉骨代行サービスが霊園散骨をサポートいたします。

デモンストレーション

下記は既に設置されている市原緑の丘霊園において実際の遺灰を浸透埋葬させた時の動画です。一般的な高齢者の遺灰約2kgは2分弱で浸透埋葬されます。給水はホース経由のシャワーヘッド(弱)を使用しています。

浸透埋葬方法については正しい技術の継承と粗悪な模倣を避けるために特許出願中(特願2019-36889)ではありますが、基本的には1件でも多く普及させたいと願っております。

その為、採用をご検討いただけるオーナー様には簡単な審査の後、「出願中の実施許諾契約」を取り交わし、埋葬施設の設置方法などを開示し、経験値に基づくアドバイスをさせていただきながら全面協力させていただきます。

なお、恒久的な施設運営を考慮し、埋葬毎にいくらといったロイヤリティーはございません

ご興味のある方は、お問合せフォームよりご一報いただければ料金などを明記した契約書を郵送させていただきます。

10~17時 043(307)5064

メールでお問合せ