墓地霊園散骨ガイド
  1. ホーム
  2. 墓地・霊園散骨

墓地散骨・霊園散骨とは?

安心して埋葬できる陸地の散骨

散骨というとが主流でしたが、それは陸地で散骨できるのが許可を得た私有地に限られていたからです。「散骨は節度を持って行えばおとがめ無し」ということで、多くの方が粉骨した遺骨をこっそり散骨してましたが、やはり堂々と散骨したいものです。

そこで、既に自治体から許可を得ている墓地や霊園関係者に協力をお願いし、専用の散骨スペースを設けてもらったのが墓地・霊園散骨の始まりです。

遺骨を粉骨し、特殊構造の地層に水流を使って浸透させながら埋葬し、短期間で土中に還す新しい埋葬方法です。 遺骨は粉骨してから埋葬しますので改葬はできなくなりますが、100%自然に還りますので、心残り無く永代供養できます。

この埋葬方法は、2019年2月に特許出願が行われ、採用してくださる墓地霊園を募集しながら、現在、全国どこでも陸地散骨ができるよう急ピッチで普及活動に努めています。

 

天候に左右されず、いつでも散骨できる安心感

映画やドラマの場合、海洋散骨は波風が穏やかな日を選んで撮影してます。実際の海は波風が強烈な日が多く、実施日を決めても、悪天候で海に出ることができなかったり、無理矢理出港して強風や高波でていへんな目にあった・・・ということの方が多いのです。

その点、墓地霊園散骨は確実に実施できるというのが最大のメリットです。冬期や雨でも実施できますし、設備の整った場所が多いので、駐車場あり、トイレあり、車椅子で行けるなど利便性は抜群です。

また、故人の慣れ親しんだ近所の墓地や霊園であれば、わざわざ遠くの海に散骨する必要もなくなりますし、遺族の近くであれば気軽にお参りすることもできます。

拝む家族

墓地や霊園内に散骨施設を設置してくれるオーナー様を募集しております

浸透埋葬方法については特許出願中(特願2019-36889)ではありますが、全国普及を目指して低額で許諾中です。詳しくはこちら → 特許の実施許諾契約について

 

10~17時 043(307)5064

メールでお問合せ